ページの始まり


古河産業株式会社

ニュースリリース

H.C.栃木日光アイスバックス代表のセルジオ越後氏が来社

2017年5月31日

古河産業 株式会社

当社が応援するH.C.栃木日光アイスバックス(以下、アイスバックス)のセルジオ越後シニアディレクターと土田取締役チームディレクターが、昨シーズンの活動報告に来社されました。

内容

アイスバックスは、古河電工アイスホッケー部を母体に日本トップリーグ史上初のプロアイスホッケークラブチームとして1999年に誕生。
セルジオ越後氏は2006年よりチームのシニアディレクターに就任、現在は地域に根ざしたチームとしてアイスホッケー文化の継承・普及を盛んに活動し、日光市の地域振興も行っております。
当社はアイスバックスの活動に賛同し、オフィシャルスポンサーとして支援しております。

背景

訪問されたセルジオ越後シニアディレクターは、「企業スポーツは、経済に左右される面があるのは仕方ないこと。プロのクラブチームとしては、地域密着のチーム作りが大切。日本はその意識が希薄であるが、日光は観客動員も最多で良い環境にある。これからも地域に根ざした運営を心掛け、良いチームを作りたい。」と語りました。


左より 当社相良専務、土田取締役チームディレクター、 セルジオ越後シニアディレクター、当社安永社長


左:セルジオ越後シニアディレクター 
右:当社安永社長

ページの先頭へ