ページの始まり


古河産業株式会社

女性活躍推進

古河電工グループは「多様な人材を生かし、創造的で
活力あふれる企業グループの実現」を経営理念に掲げており、
グローバル経営を進める上で多様な人材が活躍できる
環境・風土づくりが不可欠と考えています。
社員が活躍できる環境の整備を行うため、次のような取り組みを実施します。

家庭と就業との両立を可能にするため、
柔軟に働ける環境作りの施策を実施する

  • フレックスタイムのコアタイム縮小:
    コアタイムを10時~15時から11時~14時に縮小することにより、より一層家庭とのバランスを保ちつつ、個々の事情を考慮した働き方ができる。
  • 有給休暇の促進:
    目的ごとに名称をつけることにより、有休を取得しやすい風土作りをし、有休取得率をアップを図る。(パパの産休・アニバーサリー休暇など)
  • テレワーク制度の導入:
    仕事と家庭とのバランスを保ちながら働ける環境作りをする。

新人事制度の導入を目指す

個々に適したキャリア形成ができる環境にする

  • 職務レベルに応じた研修:
    全社員がキャリアに応じた研修を受講できる環境をつくり、能力発揮の更なる可能性を広げる。

教育体系図に則った社員育成の実施を目指す

(注)目標期間:2020年4月1日~2022年3月31日

数値データ

公表項目 数値
1. 採用した労働者に占める女性労働者の割合 39%
2. 男女の平均勤続勤務年数の差異

男性:15.4年

女性:16.2年

差異:105%

3. 1月当たりの労働者の平均残業時間 23時間
4. 労働者に占める女性労働者の割合 32%
5. 役員に占める女性の割合 0%

(注)2018年度データ

ページの先頭へ