ドローンを使用した点検・調査業務・開発機体による新たな価値創出

インフラ・プラント

2021年4月7日

古河産業は従来のドローンを使用した
点検・調査業務を行うほか、開発機体によって
新たな価値の創出を目指しています。

インフラ構造物点検・調査

機体開発

インフラ構造物点検・調査

ドローンを使った点検を行うことで、従来足場が必要な高所や人が入れない狭隘箇所、ダイバーが必要な水中構造物を安全かつ短期間で見ることが可能になります。また、古河産業は従来の経験により対象設備や点検要望箇所に応じて、最適な機体を選定します。成果物やデータを蓄積することで日々の保守保全にも役立ちます。

実績

ベルトコンベア内外、アンローダ内外、煙突内外、タンク内外、配管内外、建屋内外、ボイラー内部、海中オイルフェンス

水中調査一例

機体開発

49㎏重量物運搬ドローン

実施内容
  • 自治体・・・災害救援物資運搬(発電機や生活物資)
  • 土木建設・・・ポータブル地質調査機
  • 林業・・・苗木や架線設備、鹿侵入防止柵(長さ2.5m)
カスタム
  • 吊り荷式
  • ウィンチ
  • 固定式
実績数
  • 150回以上の飛行実績(社内実験含め)
  • TV・新聞掲載多数

実験動画YouTube限定公開中!!

飛行実験動画 : https://youtu.be/ExevwY32els

吊り下げ実験動画 : https://youtu.be/Jque1EHUTkk

深浅測量ボート

実験動画YouTube限定公開中!!

航行実験動画 : https://youtu.be/ynTj9Q7nvIU

粉塵調査ドローン

大気汚染物は上空を移動し、変化し生活圏へ到達するにも関わらず
上空の情報が極端に乏しい!

Class NK事業所認定証

当社では、船舶や海上構築物の検査規格を定める日本海事協会より「ドローンサービス事業所」として認定されています。

また、ドローン/ロボットの活用を通じて、貯油船・バルクキャリア・タンカーといった大型船舶の保守保全に貢献していきます。

この記事に関するお問い合わせは
こちらから

関連記事

古河産業の事業分野