AR(拡張現実)を用いて点検業務の効率化をサポート! 現場の悩みを解決します。

道路附属物点検支援システムは、点検対象物の緯度・経度情報が入力された調書ファイルと、タブレット端末に接続されたGPSシステムを組み合わせる事で、現在位置に近い場所にある点検対象物の写真を自動表示し、より効率的な点検が可能となります。

タブレット上の画面例

タブレット上の画面例
タブレット上の画面例

道路附属物点検支援システムの構成

道路附属物点検支援システムの構成図

道路附属物点検支援システムを用いた点検の流れ

道路附属物点検支援システムを用いた点検の流れの図

〈現場の悩み〉解決例

現場

悩み。どの施設を点検支援するか超見つけにくい!
解決します!独自のAR技術により点検支援する施設を明確にします!

事務所

悩み。現場写真の整理が超大変!
解決します!デジカメで撮影した写真を施設部材ごとに自動で振り分けします!
悩み。国や自治体によって点検調書フォーマットの作り変えが超大変!
解決します!国交省をはじめ、各種自治体のフォーマットにも対応します!

使用機材の仕様について

事務所内

事務所PC

MS office 2010・13・16
.net Frameworks 4.6.x
Windows 7・8.1・10

PC

CPU :intel Core i5以上
メモリ :2GB以上(4GB以上を推奨)
HDD :500GB以上
ディスプレイ解像度:1320×768以上

現場点検用

業務用タブレット端末

Android 6.0

タブレット端末(パナソニック(株) タフパッド FZ-B2)

CPU :intel AtomTM x5-Z8550プロセッサ(クアッドコア)
メモリ :2GB以上(4GB以上を推奨)
ストレージ:32GB以上
GNSS :GPS、GLONASS
無線LAN :IEEE802.11a(W52/W53/W56) /b/g/n/ac準拠
Bluetooth v4.2(内蔵)

GNSS受信機

GISデータ収集用GNSS受信機((株)ニコン・トリンブル R1 GNSS受信機)

GNSS :GPS、GLONASS、Galileo、北斗、QZSS
Bluetooth:Class2(10m)

製品価格

点検支援アプリ 恐れ入りますが、下記「お問い合わせページ」よりお問合せください。
データ管理ソフト
データクレンジングサービス
点検調書カスタマイズサービス
システム保守契約費