AR(拡張現実)を用いて点検業務の効率化をサポート! 現場の悩みを解決します。

国道などの道路附属物の点検調書作成にあたり、現場作業と事務所の内業の両方を効率化する、現場目線で作りこんだ支援ツールです。踏査から威力を発揮します。

タブレット上の画面例

タブレット上の画面例
タブレット上の画面例

システムの構成

道路附属物点検支援システムの構成図

うれしさ

事務所

  • 点検写真を自動で振り分け
  • 一瞬で地図を挿入(国土地理院)
  • その他、調書編集機能が充実
デジカメ写真の自動振り分け機能が便利

現場

  • AR機能で対象物を楽に特定
  • 正確な位置情報を素早く登録
  • タブレットで過去点検の状況を確認しながら点検作業ができる
タブレットのAR画面例

本システムを用いた点検の流れ

本システムを用いた点検の流れの図

使用機材の仕様について

事務所内

事務所PC

Microsoft Office 2010 以降
.net Frameworks 4.6.x
Windows 7 以降
インターネット接続環境が必要

現場点検用

業務用タブレット端末

Android 6.0以降
メモリ :2GB以上
ストレージ:16GB以上
ディスプレイ解像度:1280×800以上
センサ:地磁気・ジャイロ・加速度

GNSS受信機

GISデータ収集用GNSS受信機
((株)ニコン・トリンブル R1 GNSS受信機)

GNSS :GPS、GLONASS、Galileo、北斗、QZSS
Bluetooth:Class2(10m)

製品価格

点検支援アプリ 恐れ入りますが、下記「お問い合わせページ」よりお問合せください。
データ管理ソフト
データクレンジングサービス
点検調書カスタマイズサービス
システム保守契約費